FC2ブログ

プロフィール

ゆーり

Author:ゆーり
ようこそ「うちに集合!」へ。
猫友さん募集中です。
お気軽にメッセージ残して行ってください^^
URL残してくだされば、遊びに行かせて頂きます。

ゆーり : ×1、小5♂の母
      
こりき :  小学5年生♂ 
       猫アレルギー

しゅう :  平成20年5月5日生 ♂
       趣味は噛み噛み。
       怒られてもどこ吹く風
       のマイペースニャン。

ごう  : 平成20年5月5日生♂
      趣味はちゅぱちゅぱ。
      暇さえあれば、ママの
      手足をちゅぱってます。


FC2カウンター


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク


最新コメント


最新記事


いつでも里親募集中


******


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪中葉書。

この時期になると、ぽつぽつと喪中葉書が届きますよね。

先日届いた喪中葉書には、

私が20歳の時から4年間お世話になった喫茶店のママが亡くなったと書いてありました。

当時私は洋裁の専門学校の夜間部に通いつつ、

昼間は喫茶店でアルバイト。

ママは私の母親より1歳年上でしたが、

母親以上に何でも話せる相手でした。

お客さんにもよく本当の親子に間違われたものです。

私が喫茶店を辞めてから、年賀状だけのやりとりになってしまったのですが、

いつしかその年賀状さえも届かなくなり・・・

結婚の報告に数年ぶりに喫茶店を訪れた時に、

ママの長男夫婦から、ママの体調が悪いと聞かされました。

はっきりとは言わなかったですが、どうやら脳に異常があり、

記憶がおかしくなってしまったらしいのです。

それから、長男夫婦とは毎年年賀状のやりとりを続けていましたが、

今年ついに喪中葉書が届きました。

「長い闘病生活でした」と一言。

きっと家族ともに長く辛い日々だったんだろうと思います。

ママの訃報を受け、私の青春の1ページが閉じてしまったような寂しさを感じました。

あの頃が私にとって一番キラキラと輝いていた時代でした。

そんな時代を一緒に生き、色んなことを教えてもらったママに、

「ありがとうございました」と伝えたかったです。








******************************************






最近、猫達のいたずらがヒートアップしております。

先日は・・・






Image116.jpg

ティッシュペーパーをめった切り!



犯にゃんは・・・






              知らないにゃ~
Image117.jpg

     しゅ~にゃん!





可愛い顔して悪いことばっかりするのよね~ (-ω-;)ウーン







にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

コメント

ほんとにこの時期になると訃報を知って驚きます。
お世話になった方ならなおさらですね。
長く闘病された方は「お疲れ様でした」と手を合わせます。
不謹慎かもしれないけれど、ご本人も楽になれたのかなと
思いたくなります。
ただ、その方を忘れないでいることが本当の供養になるのではと
自分なりに考え折りにふれ思い出すようにしています。
ゆーりさんにとってはとても大事な方だったんですね。
感謝の言葉が胸に響きました。

かわいい顔したしゅうにゃん、ティッシュを引き出す手間を省いて
くれたんでしょうかね(^^;)
枚数が増えてお得!ってわけにもいかないか(笑
2009-12-04 17:48 | あび #- | URL編集 ]

年賀欠礼のハガキが毎日のように届きます。
今年は特に多いです。
どなたも天寿を全うされて亡くなった方ばかりだったので
「お疲れ様でした。天寿を全う出来てよかったですね。」
と手を合わせました。

ママにゆーりさんの気持ちは届いていると思いますよ。
感謝する気持ちって、人を優しくしますよね。
キラキラと輝いていた時代も素敵でしょうけど、その頃のことを
感謝する今のゆーりさんもきっと素敵ですよ。

しゅうにゃん、何をしてもかわいいなぁ~。
2009-12-04 19:06 | にゃこ #- | URL編集 ]

自分にとって特別な人が、
だんだんいなくなるのって寂しいですよね。

可愛がっていた猫が逝ってしまって、
喪中の案内をする人も、けっこういますよね。
人でも動物でも、もう会えなくって寂しいのは
同じですもんね。
2009-12-05 18:47 | ビビの助 #9L.cY0cg | URL編集 ]

そうですね。この時期になると、年賀欠礼のはがきがチラホラ届きます。
自分の青春の1ページが閉じられた・・・せつない思いですね。会いにいけばよかったとか、いろいろな想いがめぐりますよね。
でも、綺麗な想い出の中で綺麗なままいつまでも色あせず綴られてることでしょう。
いたずら・・・なかなかやりますね(笑)このティッシュは・・・もはや使えない・・・?
2009-12-05 22:41 | モモママ☆ #Oa2tWY7. | URL編集 ]

コメントありがとうございます。

>あびさん
ことあるごとに、ママを思い出します。
もう一度、会いに行っておけばよかったな・・・。
確かに、長く患うと言うのは、
本人にとっても、家族に気を遣うばかりで疲れますよね。
私でも、将来こりきに迷惑だけはかけないようにと思ってますから^^;
きっと明るいママのことだから、
あの世で友達沢山作ってるんじゃないかと思います。


>にゃこさん
まだまだ世間知らずだった20才の私に、
いろんなことを教えてくれた明るいママでした。
あの出会いがなければ・・・
今頃もっとつまらない人間になっていたんじゃないかと思います。
きっと長く患い続けるよりも、
楽になったと思ってるんじゃないかな?
いつかまた会えたらいいな・・・と思います。


>ビビの助さん
ママが今の私の一部分を作ったことは間違いないと思えるくらい、
私の人生にとても大切なことを教えてくれました。
ママに出会って、人見知りがずいぶん直りましたしね~・・。
可愛がっている猫が亡くなって、
喪に服す気持ち、よく分かります。
きっと私も正月どころじゃないだろうな・・・。


>モモママさん
会いに行けばよかったと、何度も後悔しています。
ママの兄弟関係が複雑で、
なかなかお線香を上げに行く気にもなれないんですけど・・・。
遠くから手を合わせるしかないですね。。

ティッシュ、使ってますよ~。
コレぐらいで捨てるのはもったいないですから!
2009-12-07 15:43 | ゆーり #rK2L5ugE | URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koritakosyugo.blog44.fc2.com/tb.php/290-81173a0a

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。